自分でパッキン交換して蛇口を修理した

   2017/06/12

水道蛇口の水の出方が悪かったり、水漏れが起きるのは水栓内部に異常が起きているためです。
日ごろから分解清掃を定期的に行うようにしていれば、汚れがたまって出が悪くなることを防げますし、部品の劣化に気付くのが早まって水漏れを起こす前に、部品を交換する対策が行えます。

蛇口のトラブルが起きるたびに水道屋さんを呼ぶと、出張料だけで数千円かかることが多いので、自分で解決すれば、部品代だけで済んで費用をかけずに済ませられます。

まずは蛇口を掃除してみる

分解して清掃を行うときには、まず給水を止める必要があります。
水道メーターボックス内に止水用のバルブがついていたり、場合によってはシンクの下にある給水管などにマイナスドライバーで回して水を止めることができるようになっている場合などがあります。
瞬間湯沸かし器などが設置してある時には、蛇口への給水との分岐部分に止水バルブが取り付けられていますから簡単です。
閉めた後は蛇口を開いて水が出ないことを確認してから分解して清掃を行います。

スピンドルカバーを回すためにはモンキースパナがあったほうがよく、内部にあるコマを取り出すためにピンセットもあると取り出しやすくなるでしょう。

水垢やカルキ成分がスピンドルにこびりついていたり、錆がたまったりしていることがあります。
古くなった歯ブラシなどを活用して磨いてみても取れない場合には、部品そのものを交換したほうが確実です。
蛇口の吐水部分にはごみを取り除くための網がついていることがあって、この部分にも汚れがたまりやすくなります。

パッキンの交換方法のポイント

水漏れ修理では、コマについているパッキンを交換すれば蛇口からポタポタと漏れてくる状態を解決できることが多いです。
ゴムパッキンだけを買ってきて、コマに取り付けようとすると新しいものはきつくてきれいにはめられないことが多く、斜めに入ったりしてしまうと意味がなくなってしまいます。

初めからコマにパッキンが取り付けられている、コマパッキンを購入してきて取り替えてしまったほうが、より確実な水漏れ修理が可能です。
節水用のコマパッキンも売られているので、水道の使い過ぎや水道料金が気になっている人は、ホームセンターや金物屋さんなどで節水型を購入するとよいでしょう。

掃除をするときと同じように、水を止めてから交換を行います。
スピンドルカバーを外せばすぐにコマが確認できて交換が可能です。
収まりよくコマを入れないと水が止まらなくなることがあるため、きれいに入っているかしっかりと確認します。

スピンドルカバーを戻したら、止めていた水を開栓して蛇口の先から漏れてこないか確かめたら水漏れ修理の完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。